スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

染指微寒。

事情真到麻煩的時候,是麻煩的要命。

我把我的カメラ正正經經扔給南方。也把我最壞的印象留給那裏。令人厭惡的苔蘚和黴菌。彎彎曲曲冗長的小路。

本來是有很多想放上來的照片,可惜現在都消失在我不曾去過第二次的地方。那個相機中存在了我太多的記憶。我和りくん 一起在火車上度過漫長的11小時。我們百無聊的纏繞手指拍下紀念照片。我們看見直挺挺的湘江蔓延腳下然後紀錄它。

本該失去的,終究不存在。

這句更像是說給自己的名言。我總是刻意的追求我想得到的一切,可終究得到了卻覺得力不從心。

我努力去做,他卻不配合。

我真的開心得到了りくん。可是太完美的東西真正了解以後,就會是數不清令人傷痛的痕跡。

りくんは、すてきでは、ありませんでした。

我現在的生活,是只剩下前味的咖啡。濃濃的悲哀。


スポンサーサイト

日记 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Too glad to see you | HOME | 綺麗な花火>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。